私は、教師失格です。 生徒の熱い眼差しに負けた私は、放課後ラブホで何度も何度も中出しSEXに溺れてしまった…。 木下凛々子

「先生、好きです…デートして下さい。」素直な言葉をぶつける彼に、私は教師でありながらもドキッとしてしまった。それから私は、無意識に彼を意識してしまっていたのかもしれない。月日が流れても彼の気持ちが変ることは無く、私の中で […] …

Related Posts (YARPP)